ダンボールを持つ人

他人の荷物を運ぶ仕事

東京には運送業を営む業者も多く存在します。運送業とは、有償で他人の荷物を運ぶ仕事をする会社をさします。自社の荷物を運ぶ場合や、軽自動車、二輪車で運ぶ場合は許可がいらないので注意が必要です。コストよりも信頼できるかを重視して選ぶ必要があります。

女性

思いのままに荷物を運ぶ

赤帽は個人事業主で構成される配送組合です。個人事業主で全国各地に拠点があるため、臨機応変に依頼に対応することが可能で、引越しや緊急運送に適しています。貸し切りトラックで荷主の荷物のみを運ぶため、速く安心して荷物を運ぶことができます。

トラックのおもちゃ

長距離輸送で選びたい

企業で品物を遠方に届けたい時は、長距離専門の運送業者を雇いましょう。運送業者の中には飛行機を使って運んでくれる所もあるため、スピーディに届けられます。また東京で小規模な荷物を送る際は宅配便会社も活用できます。

ダンボール

手軽で安いのが魅力

赤帽は軽貨物運送や単身引っ越しなどを主に扱う個人事業主の総称です。大きな会社というわけではなく、それぞれが個人事業主なので契約は個別に行う必要があります。最大の魅力は手軽さと安さです。予定が立てやすいというのも魅力といえるでしょう。

単身者の引越業者の選び方

ダンボール

時間に融通がききます

単身者の引越で荷物が多くないような場合は、引越しの専門業者に任せると引越し代が高くなってしまいます。引越先までの交通費も別にかかってしまうので、引越し費用がなるべく安くなる運送業者を探してみます。たくさんの運送業者がある中でネームバリューがあって安心感があり、それでいて料金を安くできる業者となると赤帽を選ぶと良いでしょう。赤帽を使った引越では、運転手が一人しか来ないので、荷物運びを手伝わなければいけませんが、近距離の引越しであれば10,000円程度で引越をすることができます。この料金は引越専門業者の半額以下になるので、余った予算を新生活に必要な物を買うことに回すことができます。赤帽は運転手1人しか来ないので、軽トラックの助手席が空いていますので、引越先まで乗せてもらうこともでき、交通費の節約にもなります。一人暮らしをしていると引越までの間に役所への手続きなど全ての手続きは自分でこなさなければいけません。特に忙しい3月の引越シーズンでは引越し業者は時間管理が厳格で、少しの遅れや時間の変更を受け付けてくれません。一方、赤帽は個人事業主が経営をしていますので、時間の融通をつけやすいメリットがあります。単純に引越料金を安くする手段として引越し業者の単身パックもあって、料金は赤帽とほとんど変わらなくなっています。しかし、交通費の節約や時間の融通といった面では赤帽に敵いませんので、上手に利用するようにしてください。

オススメ記事

ダンボールを持つ人

他人の荷物を運ぶ仕事

東京には運送業を営む業者も多く存在します。運送業とは、有償で他人の荷物を運ぶ仕事をする会社をさします。自社の荷物を運ぶ場合や、軽自動車、二輪車で運ぶ場合は許可がいらないので注意が必要です。コストよりも信頼できるかを重視して選ぶ必要があります。

女性

思いのままに荷物を運ぶ

赤帽は個人事業主で構成される配送組合です。個人事業主で全国各地に拠点があるため、臨機応変に依頼に対応することが可能で、引越しや緊急運送に適しています。貸し切りトラックで荷主の荷物のみを運ぶため、速く安心して荷物を運ぶことができます。

トラックのおもちゃ

長距離輸送で選びたい

企業で品物を遠方に届けたい時は、長距離専門の運送業者を雇いましょう。運送業者の中には飛行機を使って運んでくれる所もあるため、スピーディに届けられます。また東京で小規模な荷物を送る際は宅配便会社も活用できます。

ダンボール

手軽で安いのが魅力

赤帽は軽貨物運送や単身引っ越しなどを主に扱う個人事業主の総称です。大きな会社というわけではなく、それぞれが個人事業主なので契約は個別に行う必要があります。最大の魅力は手軽さと安さです。予定が立てやすいというのも魅力といえるでしょう。

ダンボールを持つ人

運送会社の違い

企業が特定の運送業者を使って荷物を発送する時は、お得になるパックのある場所を選びましょう。特定のパックに荷物を詰めればワンコイン以内で発送できる業者があります。また東京でオフィスを転居する際は、大型家具を梱包から配送まで行ってくれる運送業者を利用しましょう。

Copyright© 2017 引越しの費用を抑えたいなら赤帽を利用しよう【費用をグッと節約】 All Rights Reserved.