医者

更年期障害で悩まないで|あなたのイライラ解消情報局

更年期を乗り越えるために

更年期障害の症状に負けない強い体をつくるためにもこちらのサイトで効果のあるさまざまな方法を紹介していますよ。

脱調の疑いがある患者は鼠径ヘルニアの手術実績が多い病院がおすすめ。治療設備が整っているから安全に治療を受けられます。

更年期の定義と症状

女性

女性が閉経を迎える年齢には個人差がありますが、平均で50〜51歳頃と言われています。閉経の前後5年、45〜55歳位を更年期と呼びます。閉経により、女性ホルモンの分泌が減り、心身に様々な症状が現れることを更年期障害といいます。更年期で最も顕著なのがホットフラッシュと呼ばれる症状で、顔ののぼせや火照り、発汗などが頻繁に起こります。冬でもハンカチが手放せないという女性も多いようです。この他にも、頭痛、吐き気、動悸、疲労感、不眠、手足の冷えなどがあります。精神面では、イライラ、落ち込み、不安感、記憶力の低下など、心身ともに様々な症状があります。更年期障害と気付かず、悪い病気に罹ったのかと不安になる人も少なくないようです。

更年期の治療

婦人科での更年期障害の治療で代表的なものに、ホルモン補充療法があります。閉経で減少したホルモンを補う方法で、飲み薬、塗り薬、体に貼るテープがあります。ホルモン補充療法は多少副作用が心配されるため、定期的な血液検査、乳がん検診、子宮がん検診を受けることになります。この治療は、乳がんや肝臓病などの病歴のある人、喫煙の習慣、肥満傾向にある人などには適さない場合があります。また、ホルモン補充療法に抵抗のある女性には漢方薬による治療、精神的な症状が強い人には、抗不安薬、抗うつ薬による治療もあります。更年期障害ではなく、他の病気が隠れていることもあるので、40代以降で今までと違う不調を感じたら、まず病院で先生に相談するといいでしょう。

呼吸器の専門クリニックであるこちらでは睡眠時無呼吸症候群に関する治療にも定評があります。お困りの方は一度診察を受けてみると良いでしょう。

世田谷区の在宅医療を利用すると、専門医師が自宅まで出向き治療を行なってくれますよ。通院の負担を軽減できますね。

メールや電話からでも相談に対応しています。聴神経腫瘍の改善を進めよう。多くの治療実績を持っている医院ですよ。

女性だけではない

女性

更年期障害というと、女性特有に感じがちです。しかし、病気に絶対女性だけ、男性だけという決まりはありません。生活習慣の変化や年齢の変化により、体質なども変化します。定期的な検診や、不調を感じたらすぐ受診することにより、軽度のうちにケアしましょう。

詳しくはコチラ

閉経時の女性に特有の症状

女性

更年期障害は女性に特有のもので、女性ホルモンの減少が原因です。精神的に不安定になり、それが肉体にも影響します。食生活にビタミンEの含んだ食材を取り入れると予防効果があります。またはサプリを服用しても効果があります。ストレスを溜めないことも大事で、自分なりに工夫して解消することが必要です。

詳しくはコチラ

加齢による悩み

医者

更年期障害は生活習慣を改善することや、リフレッシュをすることが大切です。1人で悩まず、医師や専門医に相談するなどして心の負担を軽くすることで更年期障害を改善していきましょう。

詳しくはコチラ